任意整理や借金相談なら、司法書士新松戸合同事務所へ!

□■ 自己破産 □■

□□ モデルケース

クレジットカードでの多額の借金が返済できなくなった方

破産の手続が可能でクレジットカードで多額の買い物をしてしまい、その返済のために別のクレジットカードのキャッシングで支払っていたものの、いつのまにか返済できないほどの多額な借金になってしまう方も少なくありません。

こういった場合は、任意整理や個人再生による債務整理(借金整理)より、自己破産を選択するのがよいかもしれません。
ただし、自己破産の場合、借金の理由が問われるため、「ギャンブル」や「浪費」は免責不許可事由に相当してしまう可能性が高いです。
すなわち、自己破産手続が進まないことになります。

◆勤務先からの給料が不払いになったまま、勤務先が倒産してしまった。
◆ボーナスが支給されず、ボーナス払いの予定が大きく狂ってしまった。
◆独立して飲食店等の自営業をはじめたものの、うまくいかなくなった。
◆株式等に投資したものの、最初はよかったが昨今のサブプライム問題で逆に多額の借金を背負ってしまった。
◆夫が病気になってしまい収入が途絶え、妻のパート収入だけでは病院代と生活費だけで手一杯となってしまった。

以上のような理由により借金が返済できなくなった場合、自己破産の手続きが可能であるといえますが、お一人で判断せず当事務所のような司法書士等の専門家にご相談下さい。


□■ 個人再生 □■

□□ モデルケース

任意整理による借金の額があまり減らない方

個人再生の大きなメリットは、消費者金融業者等の一般の借金は元本が大幅にカットされながらも、住宅ローンだけは今までどおり返済していくことを条件として、マイホームを処分しなくてもよいという特例を利用できることです。
任意整理による債務整理を検討した結果、利息制限法に基づき計算し直しても、借金の額があまり減らない方には有効な手続きだと言えます。


司法書士新松戸合同事務所

TEL :
047-309-6131

受付時間 
9:00-21:00
※朝8〜9時、夜21〜23時:転送電話にて受付



□■ メニュー □■

* TOP
* 過払金返還
* 任意整理
* 事務所案内



Copyright(c) 2009 新松戸合同事務所 All Rights Reserved.