債務整理・任意整理・任意売却や借金相談なら任意売却アドバイザーへ!
任意売却による債務整理により、自分のプライバシーを保護
任意売却による債務整理により、自分のプライバシーを保護
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL:047-309-6131

不動産競売と任意売却との違い
住宅ローンの延滞が続き金融機関等からご所有の不動産が差押えられると、数ヵ月後の競売手続のために執行官が調査に訪れます。場合によっては近隣にも声をかけて債務者についていろいろと質問するかもしれません。そうすると、債務者の事情が近隣に知れ渡ります。こういう噂は広がるのが早いものですから、一段と住み心地が悪くなるのではないでしょうか。

そしていよいよ不動産競売が開始されると、インターネット上で裁判所が無料公開中のホームページ(BIT)でその不動産の写真などが公開されます。その結果、落札希望の法人・個人が少なからず訪れては近隣に債務者のことを根掘り葉掘り質問しますから、債務者の事情はオープンになってしまいます。経験上、最近の不動産競売手続は差押え開始から一般競争入札までの期間が以前より短くなっていますので、それだけ執行官が訪れるのは早くなっているはずです。

一方、任意売却の場合、通常の不動産売買と同じような販売活動により行います。したがって、近隣に債務者の事情を知られることなく、売買の手続を進めることが可能となります。これにより、多重債務の事実や税金・管理費の滞納などの事実、いわゆる債務者のプライバシーを保護することにつながります。

Menu

[0]トップページ

  1. オーバーローンについて
  2. 不動産の任意売却による債務整理
  3. 任意売却による借金整理(債務整理)のメリット
  4. 不動産競売の道をとるか、任意売却による債務整理の道をとるか
  5. 任意売却による債務整理により、自分のプライバシーを保護
  6. 任意売却による債務整理を相談する上での大切なこと
  7. 任意売却による費用
  8. 事務所案内

先頭へ戻る[9]

任意売却アドバイザー
相談無料
TEL:047-309-6131
受付時間/9:00-21:00
※朝8〜9時、夜21〜23時も転送電話にて受付中。
定休日/年中無休

copyright(c)2009
任意売却アドバイザー
All Rights Reserved.