債務整理・任意整理・任意売却や借金相談なら任意売却アドバイザーへ!
不動産競売の道をとるか、任意売却による債務整理の道をとるか
不動産競売の道をとるか、任意売却による債務整理の道をとるか
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL:047-309-6131

どちらを選択されますか?
一般の住宅ローンや消費者金融業者等からの多重債務の返済に窮している方とお会いしてお話すると、専門家に相談して任意整理等の債務整理(借金整理)をすれば、まだまだ道は拓けるにもかかわらず近々にご所有の不動産が差押えになることがわかっていても(本当に差押えになっても)何の対策を取らない方も少なからずいらっしゃいます。

不動産競売で第三者に落札された場合、その落札者に対抗要件がない場合は立ち退かなければなりません。「立ち退き料をもらうことができる」という法律は定められてはおらず、いつまでも立ち退かないと裁判所から強制執行(立ち退き)命令が下る場合もあります。

一方、専門家に相談した上で任意売却による債務整理(借金整理)の道を選択すると、債権者との比較的友好的な相談の上、債務(借金)の圧縮や、無理の無い引越し計画などの建設的な対策をとることができます。

あなたは、どちらを選択されますか?

Menu

[0]トップページ

  1. オーバーローンについて
  2. 不動産の任意売却による債務整理
  3. 任意売却による借金整理(債務整理)のメリット
  4. 不動産競売の道をとるか、任意売却による債務整理の道をとるか
  5. 任意売却による債務整理により、自分のプライバシーを保護
  6. 任意売却による債務整理を相談する上での大切なこと
  7. 任意売却による費用
  8. 事務所案内

先頭へ戻る[9]

任意売却アドバイザー
相談無料
TEL:047-309-6131
受付時間/9:00-21:00
※朝8〜9時、夜21〜23時も転送電話にて受付中。
定休日/年中無休

copyright(c)2009
任意売却アドバイザー
All Rights Reserved.